サーバー、ドメインについて

ホームページ製作に不可欠なもの

初めての方にとっては専門用語だらけなので難しく感じるかもしれませんが、サーバーはホームページを保管する場所、ドメインは「https:〇〇〇.com」のようなURLに該当する部分だと思って頂ければ大丈夫です。サーバー環境を自前で構築することも可能ですが、多額のコストと維持費が発生するので現実的ではありません。

よって、多くの場合はレンタルサーバーを使用することでコストを抑えることが一般的です。レンタルサーバーを運用している企業は多数あり、中にはサーバーの契約中に限りドメイン使用料を永年無償で提供しているお得なプランもあります。スタンダードな性能のサーバーであれば月額費用を1,000円以下に抑えることも可能です。

国内で展開している主なサーバー提供企業例

  • Xserver
  • シン・レンタルサーバー
  • MixHost
  • Conoha WING
  • お名前.comレンタルサーバー
  • LOLIPOP!
  • ColorfulBox
  • StarServer
  • KAGOYA
  • ラッコサーバー

広告

サーバーの設定方法

1.契約会社を選ぶ

まずはホームページのデータを保管しておくためのサーバーを契約する必要があります。国内ではXserver、MixHost、ConoHa WINGなどが有名です。当方では実績と安定した稼働率に定評のあるXserverの派生サービス、シン・レンタルサーバーを使用しています。シン・レンタルサーバーはXserverよりも安価な月額770円(年払いの場合)から契約をすることができ、契約中であればドメインの取得、更新も永年無料というお得なサービスです。

※記載されているシン・レンタルサンバーの料金は2023年9月現在のものとなります。

2.申込手続

各社の手続き方法に従い、申込を完了して頂きます。

ドメインの設定方法

1.契約会社を選ぶ

ドメインとは「https:www.○○○○.○○」の「○」の部分のことです。製作するホームページのイメージに合わせて自由に決めて下さい。基本的には管理を容易にするため、契約したサーバーにてドメインの契約を行うことが一般的です。例えばXserverでサーバーを契約した場合、同社にてドメインの申請を行えば手続きがスムーズに完了します。

2.申込手続

各社の手続き方法に従い、申込を完了して頂きます。

3.NS(ネームサーバーの設定)

登録したサーバーにドメインを紐づけます。登録したサーバーとドメインが別会社であった場合にこの作業が必要になるケースが多いです。このあたりは初めての方が非常につまずきやすい部分なので、登録までしっかりとフォローさせて頂きますので安心して下さい。