UX+

UXデザインとは

UXとは「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略で、UXデザイナーはユーザーの体験そのものをデザインする仕事であるのに対し、WebデザイナーはWebサイトの構築そのものに特化したデザイナーです。UXデザイナーはユーザーの体験に焦点を置くので「使っていて楽しい、心地よい。」といったホームページデザインが特徴です。通常のホームページ製作よりも複雑なプロセスが必要となるため、一般的な相場も150万円~600万円と比較的高価な傾向があります。

Webデザイナー

クライアント起点
相場(50万円~250万円)

UXデザイナー

ユーザー起点
相場(150万円~600万円)

UX+

ハイブリッド
66,000円~132,000円

UX+の概要

UX+はレグルステクノロジー独自のWebプロダクトシステムです。UXデザインのオーソドックスな機能のみを実装することで、フルUXデザインに近いユーザーエクスペリエンスと優れたコストパフォーマンスの両立を追求した新しいUXデザインのカタチです。多種多様な業種におけるイメージやテイスト、ユーザーが求める情報の最適化を行うことでより分かりやすく、より魅力的なホームページへと発展させていきます。

レグルステクノロジーが掲げるUXデザイン

「UX+」は従来のWebデザインとUXデザインの特徴をバランスよく両立させたハイブリッド型のサービスです。分類上は前者と後者の中間に位置するセミUXデザインに該当します。通常のUXデザインの場合は長期的なマーケティングや統計に基づく度重なるミーティングを行う都合上、莫大な時間と人件費が発生します。当然マーケティングは持続的に行う必要があるので製作会社との契約関係がほぼ必須になるので、ランニングコストも決して無視はできません。年々UXデザインの需要が高まるなか、UXデザイナーが足りていないことも高価格帯になりやすい要因のひとつになっています。

そこでレグルステクノロジーでは独自のマーケティングに特化し、ミーティングを行わずに当方において自動的に最適化をはかることでより魅力的なホームページデザインと、圧倒的なコストパフォーマンの両立を実現しています。

UX+で実施する内容

  • ユーザー層のマーケティング(デザインテイスト・レイアウト・カラーコーディネイト)
  • マーケティング結果に基づくホームページ製作への反映
  • サイト内で完結するイマジネーションの構築(記憶に残るホームページデザインの構築)